トップ > 警察署長あいさつ
 
警察署長あいさつ 


 苫小牧市、白老町、安平町、厚真町、むかわ町の皆様、こんにちは
 苫小牧警察署の白井でございます。

 北海道にもいよいよ冬将軍が到来し、朝・夕の冷え込みが一段と厳しい季節になました。
 苫小牧警察署では署員が一丸となって交通事故多発路線や住宅街などでのパトロールを強化しておりますが、住民の皆さんも自らが犯罪や交通事故に遭わないように心掛けることをお願いします。

 11月末現在のの交通事故の発生は、
○ 人身事故    549件(前年比 プラス 102件)
○ 死者   11人(前年比 プラス   2人)
○ 負傷者  642人(前年比 プラス 108人)
○ 物件事故  4,818件(前年比 プラス 260件)
といずれも増加の傾向にあります。

 現在、道警では交通死亡事故抑止対策を強力に推進中ですが、これからの季節、冬型の交通事故が懸念されますので、ドライバーの方に次の事をお願いします。

○ 日中と朝夕の路面状態は著しく変化しますので、スリップ事故などを防止するた め、冬期間はスピードダウンの励行に心掛け、時間に余裕を持った運転をする
○ 凍った路面では制動距離が2〜3倍になるので早めのブレーキを掛ける
○ カーブ、交差点付近では急ハンドル、急制動はしない
○ 車の雪は確実に落として、視界を良好にする
などを心掛け、安全運転に努めて下さい。
胆振振興局管内では、11月29日から『飲酒運転根絶緊急対策』が発令され、当署では取締りを強力に推進するとともに関係機関、団体と連携して啓発活動を展開中です。
 忘年会など飲酒の機会が増えるかと思いますが、飲酒運転は悪質な犯罪であるとの認識をしっかり持ち、「飲んだら乗るな、飲むなら乗るな」を徹底し、二日酔い運転を含めた飲酒運転を根絶しましょう。
 
 また、11月末現在の苫小牧警察署管内における事件の発生は
  ○ 犯罪認知件数  1,246件(前年比 マイナス21件)
とわずかに減少している状況です。
 傾向として、
  ○ 駐車車両に対して線状の傷を付ける器物損壊事件 
  ○ 窓ガラスを破壊しての車上狙い事件
が多発しています。
 車両のドアなど施錠を確実にして、車内には貴重品を絶対に置かないよう十分注意して下さい。

 事件の検挙では、11月中に息子を騙り「会社の鞄をなくした。」などと現金300万円を騙し取った男2人を当署員が職務質問によりスピード逮捕しました。
 現在、共犯者などの捜査を継続していますが、親族を騙った電話には「おれおれ詐欺」ではないかという事を疑って一度電話を切って、親族に確認するなど予防措置を講じ、被害に遭わないようにお願いします。
 
 これから、年末・年始を控え、苫小牧警察署では住民の皆様が安全・安心な生活を送れるように最善を尽くしてまいりますので、皆様の御支援と御理解をお願い申し上げます。





平成29年12月    苫小牧警察署長  白井 弘光