本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 0144-35-0110

〒053-0018 苫小牧市旭町3丁目5番12号

署長あいさつ

 苫小牧警察署長 





苫小牧警察署長の酒井です。

 2月も下旬となり徐々に日差しが春を感じさせる陽気となってきました。
 厳しい冬も、もう少しの我慢です。

 さて、まずは交通事故のお話しです。
 昨年は苫小牧警察署管内の交通事故による死者10人と前年に比べ4人の大幅な増加となってしまいましたが、今年に入っても増加傾向が続いているのか、2月20日現在の交通事故による死者が2人で前年に比べ2人の増加となっています。
 特に、2月に入ってから
  2月4日  安平町  国道234号 正面衝突
  2月13日   苫小牧市 国道36号  歩行者事故
と連続して発生しております。
 これからの時期は、昼間は路面が溶けて速度が出しやすくなりますが、夕方から気温が下がり凍結してスリップするといった路面変化が激しくなります。
 路面状況を確実に把握して、安全な速度で運転して頂きたいと思います。
 
 また、3月、4月は転勤や新規採用など歓送迎会シーズンとなり飲酒する機会が多くなります。昨年は苫小牧警察署管内で飲酒運転をして検挙された運転者の人数が全道の警察署の中で一番多いという不名誉な結果となっていますので、くれぐれも
 飲酒運転は、「しない」、「させない」、「許さない」
を合言葉に、飲酒運転の根絶に御協力をお願いします。
 
 
 つづいて、オレオレ詐欺や架空請求詐欺などいわゆる特殊詐欺の発生ですが、昨年は苫小牧警察署管内で8件の特殊詐欺が発生し、被害金額が1,200万円を超えてしまいましたが、つい先日の2月12日、警察官を名乗る男から「詐欺グループの中に銀行員がいて口座の暗証番号が流出してお金が下ろされている。」と電話が入り、その後警察官を名乗る男が訪問して、キャッシュカードを盗みました。
 その男は、封筒を手渡しし、その封筒でキャッシュカードを保管するように指示したのですが、被害者が、その封筒から目を離した隙に別の封筒とすり替えてキャッシュカードを盗むという手口でした。
 その後、盗まれたキャッシュカードで300万円を引き出されてしまいました。

 警察が訪問してキャッシュカードを封筒に保管させるなどの行為は実施しておりませんので、まずは、この様な電話がかかってきた場合は、一度電話を切って、すぐに110番通報して頂きたいと思います。